目隠しフェンスとはどのようなものか

人から見られている気がする生活は苦痛です。道路や隣家からの視線を遮り、プライバシーを守るのが「目隠しフェンス」です。最近では、家の中だけでなく、庭が丸見えの開放的なマイホームを嫌がる方が多い傾向にあり、玄関やリビング、庭、隣家との境に高さのあるフェンスを設置する方が多くなっています。自分の敷地を示すための1mくらいの一般的なフェンスは、メッシュフェンスが多く、見ようと思えば外からのぞくことができます。一方、外から家や庭を隠す目的で使われる目隠しフェンスは、うまく設置すると中が全くわからないようにすることも可能です。平均的に2m前後のものが多く、独立で設置する場合と、ブロック塀の上に設置する場合があります。DIYが得意な方では、自作することもできますが、強風時に倒れることもありますので、施工業者に依頼した方が良いです。

上手に設置するためのポイントとは

まるで要塞のようなデザインのフェンスでは、せっかくの家の雰囲気が台無しで、ご近所を寄せ付けない印象を作ってしまいます。単なる目隠しよりも、デザイン性を取り入れた方が、イメージが良くなります。道路からの目隠しフェンスの設置ポイントは、玄関前では来客者に圧迫感が出ないよう、プランターや鉢に花を植えるなどの工夫をすると良いですし、リビング前では道路までの距離によってフェンスの背の高さを変え、圧迫感が出ないようにすると良いです。庭があれば、植木を利用する方法もあります。庭の目隠しは、最近では木や花を植えて見せる庭から、リラックスしたり作業をする使う庭へと変わりつつありますので、庭に気軽に出たい方は、多少囲まれた空間を作ることが多いです。他には、風呂場や裏庭にも設置することがあります。

設置するなら人気のある種類を選ぶ

選ぶ際は家や庭のデザインや雰囲気に合うことが大切ですが、目隠しフェンスの人気の種類は「樹脂製」です。樹脂製は雨風や太陽光に強く、腐らないので長持ちします。バリエーションが豊富で、価格も手頃なのでよく選ばれています。樹脂製でも木目調のものもあり、凹凸まで再現されています。次に人気があるのが「木製」です。木製の場合は耐久性のあるハードウッドが使われます。色合いと素材感が良いので圧迫感が感じられず、人気があります。他にも、アルミ製や半透明のポリカーボネート材を使ったもの、ラティス、竹垣フェンスがあります。ラティスはホームセンターでも入手可能ですが、耐久性の低いものを選んでしまうと劣化は早いです。また、日本家屋や和風のお宅では、竹垣がマッチングするので最も好まれます。

とってもリアルなガーデンライフ彩の人工芝で、お部屋やベランダにきれいな緑の空間を。 工務店さまや事業者さまなど、大量注文をお考えの方へ大ロット・大量注文も受注可能です! フェンスを中心に雑貨や肥料などを品揃えしております。主力の商品は樹脂製のフェンスです。 ホースリールや多肉植物の寄せ植えも人気商品です。 30代から50代のお客様が多くご利用されています。 目隠しフェンスなら組立楽々のガーデンライフ彩へ