どのような目隠しフェンスの人気が高いのか

目隠しフェンスを設ける目的は、建物が建つ敷地内の境界線を示すフェンスではなく、人の視線を遮る目的で設けられるフェンスです。高さとしては人の身長を超える程度の高さで大体1.8mが基準となります。あまり高くなると威圧感や日照の問題も出てくるので、ほとんどは1.8m前後を主体として設け、外から全く中の様子が見えないのではなく、さりげなく見える程度を実現しているタイプが主流です。人気のフェンスには暮らす人の考え方が反映され、例えば隠したいけど通気性に優れた点は残したい、見せたくないけど自然光を取り入れる様にしたい、家のデザインにマッチしたフェンスを設けるのが一般的となります。もっとも最近はメンテナンスが必須ですが、緑を絡ませたい場合も見られ、天然木や樹脂素材でつる植物を絡ませて、その緑で遮るようにするのも流行的です。

住んでいる家の外観にマッチさせたタイプが人気

目隠しフェンスを設ける場合には、家の外構工事のジャンルとなりますが、家の造りに合わせたワンセットとしてフェンスを設けることが多いです。例えば建売などの分譲住宅などでは、それが顕著でわざわざ家にマッチしたデザイン性にも優れたフェンスとするので、家と一体的に工事するのがポイントです。ただ住む人の意見を反映させることも可能で、その場合にはそれに沿った形でのフェンスを設けることが一般的となります。和風住宅である場合は竹垣タイプのフェンスを設けたり、洋風であればルーバータイプや板塀タイプのフェンスも人気です。色合いとしては家の外観の色の延長として、同じ色などで設けるケースも多くなっています。建物引き立てる形のデザイン性が求められるケースもあり、外構工事として拘りを見せる部分として意識されます。

通気性や採光に拘り防犯も意識することがポイント

目隠しフェンスを設ける場合にはデザイン性に拘りをみせると、通気性や採光の面で見劣りしてしまい、後から後悔するケースもあります。目隠しをすることは、家の中や庭の様子などを見せたくないという理由が多いですが、すき間を塞げば当然、通気性や採光の問題も生じることとなります。もっとも逆に目隠しフェンスがあることで空き巣などにも入られやすくなる場合もあり、一般的には目隠しを徹底しない方が良いというのが流行となっています。多くの場合、フェンスの外側で立ち止まってじっと見ないと中の様子を覗うことができない状態が理想で、フェンスの外で歩いていたりすると中が見えにくいというさりげないタイプの外構工事が人気です。目隠しという要素とデザイン性という要素、通気性・採光などの機能性を重視することが、人気のバロメーターになっています。